濡れているウィッグの乾かし方


突然雨に降られちゃった、プールや温泉で濡れちゃった、シャンプーをしたというように、ウィッグが濡れてしまった時、皆様はどうやって乾かしていますか?
地毛のようにドライヤーを使って乾かしてしまうとウィッグの劣化に繋がってしまいます。ウィッグはドライヤーも使える耐熱仕様のものもありますが、やはり一番多少のダメージは負ってしまいます。
そのため、ドライヤーで乾かすのは余程急いで乾かす必要がある時以外はおすすめできません。どうしてもドライヤーを使う場合でも、できるだけ冷風で乾かしましょう。

基本的にウィッグを乾かす時は自然乾燥となります。
まず、洗ったりして水分がたっぷり付着している場合は、まず清潔なタオルで全体を包み込んで、軽く抑えながらしっかり水気をとります。
ある程度の水気が取れたら、ブラシで軽く毛の流れを整えて、マネキン型のウィッグスタンドにセットしてください。
あとはそのまま、風通しのいい日陰に置いて自然乾燥させていきましょう。