ウィッグが合わない原因

せっかく気に入ったウィッグを購入したけど、実際被ってみるとなんだか自分には合わない、イメージと違ったということが起こることも珍しくありません。
この「なんとなくウィッグが似合わない」という原因はいくつかあります。

ウィッグはどんなに高品質なものであっても、人によって合う・合わないがあります。その代表的な原因が顔の形です。
人の顔は、面長なタイプの人だったり丸顔の人だったり、その形にある程度のパターンはあっても一人一人違います。ウィッグの形と顔の形があっていないと「合わないウィッグ」となってしまうのです。
例えば例えば丸顔の人が顔周りにボリュームのあるウィッグを着用すると、より顔の丸みが強調されてしまい違和感を出してしまいやすいです。

こうしたウィッグの形と顔の形のすれ違いを防ぐために、ウィッグを購入する際は実際の店舗に足を運んで試着するのがおすすめです。
ある程度試着していけば自分の顔の形にあうスタイルも見つかりますので、それがわかったらあとは通販などで購入しても失敗することは少なくなりますよ。